あなたの平熱何度ですか?


現代の日本人は、特に女性は平熱が低いのではないでしょうか?

朝スッキリ起きれていますか?
低血圧だと寝起きが悪かったりしますよね。
低体温でもその傾向があります。
低血圧だから低体温なのか?低体温だから低血圧なのか?って疑問はありますが・・・

脳の視床下部というところの指令が滞っている可能性があります。

ご自身の平熱を知っていますか?

下記の写真をご覧ください。

3dbef69b14d7afb9624d27d7792c2c38_s

若い方は、この体温計を見たことがない人は多いかもしれません。
37℃が赤くなっている理由をご存知でしょうか?

人間の平均の平熱の体温が37℃のため、平熱の印として赤くされています。

わたしの子供のころは、37℃超えたら熱があると言われていました。
ちょっと違いますね。

平均なので、人によって熱があると言う体温はまちまちです。

わたしは、子供のころの平熱は35.8℃でした。
35.5を下回る日も時々

朝起きたときに計ると低かったです。

これは、やばい数字です。

低すぎてクラクラするし
36℃を越えるてもふらふらしていましたね。
でも風邪とは認めてもらえず辛い思い何度もした経験があります。

低体温は病気にもなりやすいです。もちろん冷え性です。
脳の視床下部が正しく機能していない可能性もあるので精神的に不安定かもしれません。(落ち込みがち)
子宮にも悪く、生理痛がひどいのは当たり前ですね。子宮の位置も下がり気味です。
筋肉も正しく機能せず、固まった状態かも

振り返るとわたしの心と体は恐ろしい状態だったのかも。

ヨガをはじめて、代謝が上がり体温が高くなりました。平均に近いと思います。
冷えも昔ほど感じないです。

ヨガをすると体が変わります。
体温が高くなったのは、体を動かすようになったからだけではなく、自律神経のバランスをとり脳の視床下部の機能を高めることができるようになったからです。

ただ運動するだけではダメなんです。

ヨガで心と体のケアをしていきましょう。

 


コメントを残す


*